サイドハンドストロークの練習(バックハンド) - バドミントンで勝つ練習方法とは〜フットワークやショットのコツ〜

バドミントンで勝つ練習方法とは〜フットワークやショットのコツ〜

バドミントンで勝つ練習方法とは〜フットワークやショットのコツ〜では、バドミントンのラケットの選び方やスマッシュの打ち方のコツなど、基本的で実践的な解説をするブログです。ラケットの解説では、グリップやバドミントンに必要な道具の解説しています。一方、打ち方では、スマッシュのほかにもドロップ、カット、プッシュ、ヘアピン、ドライブの解説の他、オーバーヘッドストローク、サイドハンドストロークも解説しています。
 

2013年10月18日

サイドハンドストロークの練習(バックハンド)

サイドハンドストロークの練習(バックハンド)


バトミントンの打ち方を練習するときに一番良いのが、バックハンドでのサイドストロークです。


バックハンドのサイドストロークができれば、あらゆるショットに応用することができますのでしっかりマスターしましょう。


サイドハンドストロークとは、体の左右に来たシャトルに対応するストロークです。


グリップの握り方は、握手するような握り方のイースタングリップです。


肘は少し余裕を持たせるように曲げましょう。


シャトルが来たら一歩踏み出し、肘を動かさずに前腕の回外運動をします。


この前腕の動きは、オーバーヘッドストロークの時と逆回転の腕の動きです。


サイドストロークのバックハンドの場合、右利きの人なら腕の回外運動は右回転です。


肘が流れるようにラケットを振り回したり、手首とラケットが直角になっていなかったりするとコントロールが利きませんし、


バドミントンのおいて、最も重要なインパクトを得ることができません。


ラケットでシャトルを打つ位置は、腕を回外運動させるときに自分の中心より少し振りぬいた位置で打つのが良い打ち方です。


シャトルを打つ位置は、ラケットの位置が自分の中心でも早すぎます。


自分の中心より少し振りぬいた位置で打つように練習しましょう。


sidehand.gif


【打ち方やストロークの基本の最新記事】
posted by バドミントン at 22:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 打ち方やストロークの基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。